TBSラジオ『荻上チキ Session』
「Front Line Session」
2020年10月28日放送
出演 : 荻上チキ、南部広美
ゲスト : 辻田真佐憲


TBSラジオの番組『荻上チキ Session』で近現代史研究家の辻田真佐憲さんが「安倍昭恵さん協力のゲストハウス“uzuhouse”」について話されていました。

■ゲストハウス
uzuhouse
(山口県下関市)
https://uzuhouse.com/
名称未設定


荻上チキ 辻田さん、今日はどんなお話を聞かせてくれるんですか。

辻田真佐憲 そうですね。最近、いろんな所に取材に行っていて、そのときのお話をできればなと思っていまして。その中でも今回ご紹介するのが山口県の下関にある“uzuhouse”というゲストハウス、これを紹介したいなと思ってまして。この“uzuhouse”っていうのは実は安倍昭恵さん、前首相夫人の昭恵さんが立ち上げに関わってるっていうゲストハウスなんです。

荻上チキ 立ち上げに、はい。

辻田真佐憲 最近だとその出資者の一人が逮捕されたりして、ニュースにもなってましたけれども。昭恵さんの有名なのは東京の神田に“UZU”っていう居酒屋を経営されていて、その同じ“UZU”なわけですよね、名前が。

荻上チキ “UZU”、はい。

辻田真佐憲 東京の方の居酒屋の方は何回か行ったことがあって、安倍首相のサインが飾ってあったりとか、“あきえのつぶやき”ってお酒があったりとか、あと“アキエ80%”って何かそういうタイトルの、変わったオリジナルのお酒が飲めたりするっていう、そういうおもしろい所だったので下関の方も行きたいなって前から思っていたんですけれども、今回足を運んだということですね。

荻上チキ へえ、なるほど。ということで山口県下関まで行ってきたんですね。

辻田真佐憲 そうですね。ちょうど(安倍)晋三さんが選挙区ですからね、あの辺ね。

荻上チキ そうですね。これはあれですか、GoToキャンペーン使ったんですか?

辻田真佐憲 そうですね。自動適用されたので。

荻上チキ 自動適用・・・そこも付いてくるんですね。その“uzuhouse”、ゲストハウスとしてどういった場所だったんですか?

辻田真佐憲 私は予想としては、もっと東京の居酒屋みたいにいきなり入った瞬間に安倍首相のパネルがあるとか、教育勅語が貼ってあるとか、そういうのを想像してたんですけれども、実際全然そんなことなくて、むしろリア充空間というか、ドミトリーとかが中心なんですよね、ゲストハウスなので。だから、安くて、学生とかがみんなで泊まりに来て、あの周辺を散策するっていう。すごいスタッフも若いし、泊まってきてる人も若い、二十代、あるいは十代みたいなのがいっぱいいるっていう、すごい明るい空間でしたね。

荻上チキ へえ。“映え”そうなやつ?

南部広美 二段ベットとかなんですかね。

辻田真佐憲 そうですね。それこそ写真とか撮ると、関門海峡の目の前なので、ドアを開ければ海がバーッと見えますし、目の前を巨大な貨物船がバーッバーッとすぐ・・・あの辺船が多い所ですから、次から次に船が乗り越えていくっていうのが見れて、そういった意味では本当にインスタ映えみたいな空間ですよね。

荻上チキ フーン、なるほど。そちらで何かおもしろいものってなかったんですか?

辻田真佐憲 私はドミトリーみたいな共同生活ヤだったので一番広い部屋に泊まったんですけれども、そこはだから本当は多分四人とか六人とかで泊まる部屋に一人で泊まったので、やることがなくて、二階に図書室みたいなのがあったのでそこを見に行ったんですよ。「どういった本が置いてあるのかな?」っていうことですよね。ネットの情報だと、どうやら安倍昭恵さんの蔵書がこちらに置いてあるんだっていうような噂があったので、どういったものかなと思って見たんですけれども、基本は『ONE PIECE』とか・・・。

荻上チキ マンガのですか?

辻田真佐憲 マンガの『ONE PIECE』とか・・・でも昭恵さんの物じゃないと思いますけど、多分そういう若い人が泊まるのでそういう人たちが読むようなマンガですよね。

荻上チキ そうですよね。

辻田真佐憲 それが大多数で、あと自己啓発とか、あと何かオンラインサロンみたいな感じの宣伝本みたいなヤツとか、基本的にあんまり政治的なものはなかったんですけれども、いろいろ探すと一つだけ、赤塚さんっていう、赤塚・・・下の名前何ですかね・・・赤塚・・・高仁さんっていう方がいて、これ安倍昭恵さんのスピリチュアル仲間と言われる方なんですけれども・・・。

荻上チキ スピリチュアル仲間?

辻田真佐憲 そうですね。その人の本が一冊あって、「オッ」って思って見たわけですよ。

荻上チキ はい、はい。

辻田真佐憲 すると案の定、開いたところに著者、これ共著なんですけど、赤塚さんともう一人の人の、その二人のサインで「安倍昭恵さんへ」って書いてあるサインがあってですね・・・。

荻上チキ サイン入りの本だったんですね。

辻田真佐憲 サイン本がここに流れてきたんだなと思いましたけど。赤塚さんっていうと森友学園の事件の時に注目をされて教育勅語の本も書いてる方なんですよ。

荻上チキ 教育勅語の本、はい、はい。

辻田真佐憲 で、今回置いてあったのは違うんですが、前あった教育勅語の本は『ヤマト人への福音 教育勅語という祈り』という本があって、ここを読むと「天皇がキリスト」って書いてあったりとか、なかなか・・・。

荻上チキ ・・・「天皇がキリスト」なんですか?

辻田真佐憲 「天皇がキリスト」・・・らしいですね。「聖書を読めばわかります」って書いてあるんで、ちょっと私はわからなかったんですけれども。

荻上チキ わかんなかったですねえ。

辻田真佐憲 わかんないですね。「この姿がキリストです。天皇です。聖書を読めばわかります」って一節があるんですけど、そういう感じの本なんですよ。ノリとしてはですね。

荻上チキ フワッと。

辻田真佐憲 で、それを読むと「ヤマト心を取り戻すことが解決」みたいなことが書いてあるんですね。その時、ふと思ったのは昭恵さんの居酒屋には“やまとのこころ”っていうお酒もあるんですよ、オリジナルのお酒として。

荻上チキ はい、はい。

辻田真佐憲 もしかしたら「元ネタはこういったところにあるのかな?」とかって、そういったことを考えて。

荻上チキ でも、森友学園問題の時に籠池さんと安倍さんってメル友だったじゃないですか。その中で今度、教育勅語の本が出るんだ、とか、あとは要所要所に答えに困ったら、とりあえず祈りますって送っとくとか、要所にありましたよね。

辻田真佐憲 そうなんですよ。だから、もしかしたらこういった人脈というか、関係というのが昭恵さんのああいう元ネタになった可能性があるなと思いましたね。

荻上チキ 思わぬ出会いをそこで果たしたんですね。

辻田真佐憲 この本しかなかったんですけどね、尖ったっていう意味では。

荻上チキ そういったゲストハウスを作るっていうこともわかるように、安倍昭恵さんはやっぱり何か場を作ったり、人をつなげたりして、良いことをしたいみたいなパッションはとにかくあるんだなということはわかりますね。

辻田真佐憲 実際、そこも今はいないですけども、一時期は外国人がよく泊まってたみたいで、ゲストハウスにはゲスト帳みたいのがありますよね、来た人がいろいろ書き込む。あれを読むと日本語がむしろ少ないぐらいで、韓国語でハングル、中国語とか、あとタイ語とか、英語とか、そういったのがワーッと書いてあって、全然“ヘン”なのがないんですよ。「しものせき さいこう」とかひらがなで書いてあったりとか、外国の方がですね、すごい明るい空間で、一つぐらい「日本を取り戻す!」みたいなのないかなと探したんですけど、無かったですね、残念ながら。

荻上チキ 辻田さんは何か書かなかったんですか?

辻田真佐憲 そこに書いたらあまりにヤラセ過ぎるので、書いたら申し訳ない感がありますよ。「好きな人が振り向いてくれますように」とか書いてあったりとかして。

荻上チキ 「そこに書くことかな?」って感じですよね。

辻田真佐憲 そうなんですけど、祈りの場みたいなんですね。

荻上チキ でも、どんな噴水にでもコイン投げる人はいるので、どんな帳簿にもそういったことを書く人がいるんだなと思いますけどね。

辻田真佐憲 まあ、そうですね。そういった意味では全体的に私みたいな人間というよりはもっと“陽キャ”というか、明るい人たちが集まる空間なのかなという気がしました。

荻上チキ なるほど。そう考えるとますますいろんな思惑を持ってる人が政治家のパートナーになることはこれからもあるでしょうから、そのあたりをどう位置づけるのかという議論はやって欲しいですけどね。

辻田真佐憲 そうなんですよね。だから今はもうそこも多分、昭恵さんのイメージとかじゃなく、ゲストハウスとして使われていて、実際は観光地として便利なわけですよね。ちょうど唐戸市場っていう港の近くで、対岸の門司もすぐ渡れますし、だからコロナ禍ですけれども普通に人もいっぱいいましたしね。普通に流されて楽しいゲストハウス空間と化してるのかなというような印象でしたね。

荻上チキ 神田居酒屋の“UZU”の方はもっと独特のカラーというか、キャラクターが出てるっていう場所なんですね。

辻田真佐憲 あっちの方がやっぱり政治性はあった気がしますね。“昭恵ちゃん”シリーズっていう飲み比べの日本酒があるっていうのもそうですし、たしかトイレの中に昭恵さんのポエムが貼ってあった気がしますよね。

荻上チキ 何が貼ってあってるんですか?ポエム?

辻田真佐憲 ポエムです。“トイレ・ポエム”って、よくあるじゃないですか、居酒屋に。

荻上チキ なんだろな・・・「感謝を述べるほど 人は柔らかくなるんだな」みたいな?

辻田真佐憲 そういうものが“UZU”のトイレには昭恵さんのバージョンで貼ってあるっていう。

荻上チキ・南部広美 へえ。

辻田真佐憲 で、トイレから出てきて手を洗おうとするとその目の前には安倍晋三さんの書いた“UZU”に捧げるみたいな、なんかサインみたいなのが掲げてあるという。

荻上チキ へえ。

辻田真佐憲 隣のお客様も麻生さんを誉めてたりとか、全体的にちょっと政治臭がある所なんですけど。

荻上チキ ファンにはたまらない場所っていう感じですかね?

辻田真佐憲 ある意味、ファンにはたまらないと思いますね。安倍夫妻ファンには最高な空間だと思います。

荻上チキ なるほど。辻田さんは行ってみてどんな気持ちになりましたか?

辻田真佐憲 まあ、私はそういうのをおもしろがっちゃう人間なので、東京の所も、下関の所も、楽しく過ごさせてもらったって感じですけどね。

荻上チキ なるほど。「気になる方は是非・・・」という風に締めた方がいいのか、「そうしたものから見えてくる政治的な論点もある」と締めた方がいいのか、締め方に悩みますがお時間となりました。辻田さん、ありがとうございました。

辻田真佐憲 ありがとうございました。


■和食居酒屋
UZU
(東京/神田)
https://uzu-tokyo.com/

■赤塚高仁
『聖なる約束4 ヤマト人への福音 教育勅語という祈り』
(きれい・ねっと 2017年)
https://www.kilei-net.shop/product/314
k170321


■居酒屋UZUのドリンクメニュー
『昭恵ちゃん(3種飲み比べ)』
「昭恵のつぶやき」「アキエ80%」「やまとのこころ」
https://tabelog.com/imgview/original?id=r01682100304743

■居酒屋UZU
昭恵さんの“トイレ・ポエム”
https://tabelog.com/imgview/original?id=r1580819014016